2010年03月19日

禁輸案可決なら再投票要求=クロマグロで徹底抗戦−水産庁長官(時事通信)

 【ドーハ時事】ワシントン条約締約国会議出席のためドーハに到着した町田勝弘水産庁長官は17日、大西洋・地中海産クロマグロの禁輸案が18日からの第一委員会で可決された場合、本会議に当たる全体会合で議論の再開を求める動議を提出、再投票を目指す方針を明らかにした。
 赤松広隆農林水産相の指示を受けて現地入りした町田長官は、「状況は厳しい」との認識を示した上で、「最後まで全力を尽くしたい」と強調。否決を目指し反対票集めを続ける姿勢を示した。 

【関連ニュース】
〔動画特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
【特集】築地発「新鮮!魚の情報」
〔写真特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
〔用語解説〕「ワシントン条約」
クロマグロ、18日議題に=日中韓連携、EU内に乱れも

女性触った職員を懲戒免職=NHK(時事通信)
見直し迫られる外交文書公開=外務省に根強い消極論−密約(時事通信)
長谷川等伯展 1万3553人が訪れ、長蛇の列 東京(毎日新聞)
B型肝炎訴訟 札幌地裁が和解勧告 全国で初(毎日新聞)
国民新党、事前面接に反対=派遣法、社民と共同歩調(時事通信)
posted by ササモト ヨシオ at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。